活動の背景


子どもとどう接すればよいかわからない

いつも怒ってばかりでイヤになる

つい手が出てしまう・・・

なんで私ばかりが大変な思いをするのか・・・

子どもが生まれる前は、生まれたらしっかり育てられるのかが心配で、

生まれた瞬間は、

「優しく思いやりを持った子に」

「自分で未来を切り開けるような意思と行動力を持った人間に」

と思っていた

生まれてからは、毎日赤ちゃんの言語にならない意思表示に目と耳を傾け、

想像力をフル回転して、対話をしながら子育てをする

ある日は赤ちゃんの笑顔に癒され、

寝返り、ハイハイ、つかまり立ち…ひとつひとつのステップアップがとても嬉しいけれど

ある日は泣き止まない子どもに、どうすれば収まるのかわからず困惑する

待ったなしの子育てと食事作りで、毎日が精いっぱい

それでも日々の成長変化が嬉しくて、

子どもは可愛くて、子育ては楽しいという思いが大半を占めていた

少し会話が成立するようになった頃、子どもの「イヤ!」「じぶんで!」が始まり、

これも頭では、成長だとは理解しているつもりだけど

時間も予定も、思い通りに進まない日常にイライラ・・・

気づけば、子どもに怒鳴ることが増える日々

いつの日か、子育てを楽しめない自分の方が大きくなった

核家族化が進み、なかなか本音で相談できる人が少ない中

私には、子育てを経験したから伝えられることがたくさんある

長い目で振り返れば、反抗期も子どもの成長に必要なステップだとわかるけど、

毎日が精一杯だから、

今 目の前に起きていることに一喜一憂、不安もいっぱいだった

そして、

人は百人百様。みんな違うはずなのに、

巷で言われる子育て方法でやってみて、同じ結果にならないことを悩んでいた

子育てをしていると、経験したことがないことばかりで

どうしても不安が先に立つことが多いけど、

子育てを振り返ってわかるのは、

この時期にしか親子一緒に楽しめないことがある ということ

そして親子一緒に楽しんだ時間は、

かけがえのない時間だったし、親子の信頼に繋がっていると実感する

だから、今 

どうしていいかわからないと思っている子育てを

もっと誰しも楽しんでほしい

子どもの未来に繋がっている「親子の関わり」

その関わり次第で、

子どもの誰もが、未来をつくりだす意欲と創造性を
持つことができるはず


子育ての戸惑いと不安から解放されて、

子育ての時間を楽しんでほしい

子どもを育てていたはずの私が、気づけば一番育ててもらったのかもしれない

子どもの成長も嬉しいけれど

親の私もまた、成長できたことが嬉しい

子育てって楽しいよ

気負わずいまを楽しもう