講演・講座のご依頼

行政・自治体・企業の皆様

1990年の「1.57ショック」をきっかけに、政府は、出生率の低下と子どもの数が減少傾向にあることを「問題」として認識し、仕事と子育ての両立支援など子どもを生み育てやすい環境づくりへの施策を実施してきました。

 それから30年、金銭的な支援も居場所づくりも、25年前とは雲泥の差。行政は保育サービスの充実以外にも、様々な支援を広げてきましたが、今だ出生率は上向きになりません。子育てと仕事のバランスがとりにくいという声も聞こえ続けています。

虐待や子育て鬱のニュースは、今後の予防のために必要な面はありますが、
小さな子どもと接する機会が少ない世代には、

子育て=大変そうで不安なこと

として映ります。

私たちNPO法人子育てKitchenグループは

子育てが楽しいものであること、それを体感し伝える人が増えることが大切だと考えます。

ママやパパ達が笑顔で子育てを楽しんでいれば、地域に笑い声が増えます。

もっと子育てを楽しみませんか?

仕事と子育てをがんばって疲弊してしまう両立は、バランスが悪いとしか言えません。

不景気をきっかけに空き地は不法投棄が増え、薬物売買をされるような荒んだ街となっていた1970年頃のニューヨークでは、人々は不安で家から出なくなりました。それを憂いた1人の女性が花壇を作り、通った人が足を止め共感した人が花を植え、街に少しずつ花壇が増えると、人々は家から出るようになり街は生まれ変わったと言います。

嬉しさや楽しさ、穏やかな気持ちになることは、伝播します。

「仕事」と「家事」と「育児」を楽しみながら共存させることを、NPO法人子育てKitchenグループは、2000組以上の親子に指南してきました。

行政や自治体、企業が取り組むことで、よりたくさんの人に伝われば、笑顔が増え、ワークライフバランスを考えるきっかけにもなります。

講演・講座のご依頼、ご相談はお気軽にご連絡ください。

(ご依頼・お問合せ)講座講演等ご依頼・お問い合わせ *

お名前*

お名前のふりがな*

e-mailアドレス*

連絡の取れる電話番号*
- -

ご住所 * 

 

講座講演規模や時期等ご希望内容はこちらにご記入ください。