今だから親子で「こそかじ」の鉄則

子どもと一緒の時間をどう過ごそうか・・・頭を悩ませている人が増えているように感じます。

子育てしながら家事をする。

その時の【一番大切な鉄則!!】をお伝えします!

それはっっっ!!!!!

子どもの時間軸に合わせず、大人の作業時間に巻き込むこと

子どもを主軸にすると、大人はペースを乱されて、普段やれていた仕事も家事もはかどらなくなります。

だから、絶対にNG。

***********

親は子どもにたくさん体験をさせたい!と思っているので、

なんでも子どもがやりたがることが終わるまで、待ってしまう人も。

時に、やり遂げることをじっと待つことは大切です(^^)

でも、家事に至っては別。

子ども軸と大人軸の2本を作ってしまうと、いつもの作業をしつつも、

子ども軸も見なければならないので、作業が増えてしまいます(涙)

大人が日常やるべきことに、

「一緒にやらない?」

「一緒にやってくれたら助かる・・・」

「一緒にやれたらママが嬉しい」 など

と言って誘ってください。

本人がやりたがって寄ってきたら、ラッキー!

大人がやっていることの一部あるいは同じことを、分担または一緒にやればいいのです。

次のことに進みたい時には、ひと声かけて大人の都合で進んで大丈夫。

まだそれをやっていたいと言われれば、子どもはそのままやっているも良し。

大抵は大人と同じことをしたいので、次のことをやり始めると、同じことをしたがります。

子ども仕様に工夫する必要があるのは

・掃除用の雑巾・・・自分で洗って絞れるように、子どもの手で扱いやすい大きさや厚さのものを。

・料理・・・道具は いつも使っているもので大丈夫。

・混ぜる時には、力加減がわかるまでは少し大きめの器にすることがおススメです。

ちなみに、包丁を使わせる場合は、初めからよく切れる小ぶりのものがおススメ。

●切れない包丁は、子どもも切れないことにイライラする(大人もイライラしますよね。同じです)

●力ずくでゴシゴシ動かす習慣がつき、コントロールを失った時に、ブㇲっと刺さるなど、大けがのリスクに繋がります。

これらの事例は、書くと膨大な量になるので控えますが、

危険を伴うものは、始めから危険を教えた上で使わせる方が、子どもは慎重に使いますよ。

少しずつ、親子でできるおススメ家事方法(料理・洗濯・掃除など)をご紹介しますね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です