今だから親子で⑤~だしパック作り~

3男1女のずぼら子育てで見つけてきた、子育てをしながら家事を進める極意?を紹介します。

こんな時こそ!親子で一緒に ≪だしパックづくり≫はいかが?

はあぁぁぁ?????????

と思われたかな・・・

************

実は、小学生になっても子ども達のほとんどが、「出汁(だし)」の存在を知りません。

むかし、5年生の家庭科の授業で、調理実習で初めて「だしの取り方」をやって、その時に存在を初めて知った人もいるのでは?

出された料理を見ただけでは、形が無いから気づきませんよね。

************


一度一緒に作れば、次は子どもに丸任せできるほど簡単。

子育てKitchenのメニューで使う時には、都度パック作りからしますが、

これをベースにしたお味噌汁や煮物は、

汁をも完食する率が高く、普段汁は飲まないという子まで完食の率が高いです。


子どもの味覚は繊細です(^^)


仕事に家事に子育てに、なんだかいつもせわしなくて、

ちょっと疲れちゃった・・・そんな時に私が思うのは、


胃にやさしいおいしいご飯を食べたい!


いつもは顆粒だしや市販のだしパックを使うのですが・・・

そんな時には、手作りパックが登場。

たったこれだけの手間なのに、だんぜんおいしいし、

これを使って調理をすると、
不思議と胃がほっとして、少しだけ穏やかになれる気がします。


子どもが家にいる時間が長い今、

子どもと○○家オリジナルの「だしパック」を作りませんか?


【用意するもの】 
かつお節(サバ節でもなんでも好みで)
昆布
お茶用パック大判 又は だし用パック(100均に売っているもので十分)

昆布は1~2㎝角に切る
作業は大きなボウルの中がおススメ
できあがり!

≪作り方≫

①昆布を1~2㎝角に切る
②パックを広げて、①を3~5個とかつお節を1~2つまみ分(2~3g目安)を入れる。

それだけ。

それを水を入れた鍋に投入して、味噌汁や煮物を調理するだけ。

ぐーんとおいしく仕上がります!

≪作るときに大切な2つポイント≫

・パックに入れる時にかつお節がこぼれるので、大きなボウルの中や紙の上で作る
・まとめて10個以上作る

かつお節は軽くて飛びやすいので、こぼれても集めやすくするため、
大きめのボウルや、新聞紙などの上で作るのがおすすめ。

準備と片付けの手間を考えると、腐らない乾物はまとめて作ってストックすれば、すぐに調理スタートが可能。

出汁(だし)が出れば何でも良いので、
・煮干し(いりこ)+昆布
・干し椎茸(石づきでOK)+昆布
なんかもおすすめです。ご家庭のベースに合わせてオリジナルの味を作ってみては?

大人にとっては少し面倒くさいことも、

昆布を切ったり、数を数えながら入れたり、子どもは意外と楽しんでやってくれます。

大人だって
誰かと一緒におしゃべりしながらやると、楽しい時間に早変わり。

それで料理がおいしくなるから一石二鳥。

そして、子どもが料理を覚える一歩になりますよ。


お試しあれ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です