『こそかじ』とは

子育てと家事と仕事。

時間が限られているのにやることがいっぱいな日常。

3男1女の子育てをしながら、フルタイムではないものの長年仕事は続けていたので、時間がないことはしょっちゅう。だからこそ、1人で抱えるのをやめました。

子どもも一緒に家事ができるように工夫し、夫も含め家族みんなで分担をしました。

そして4人の子ども達は家事はもちろん、自分で考えて行動できるように育ち、現在3人が社会人、末っ子も大学生です。子ども達に自活の力がついているので、社会に出るのも、1人暮らしも安心して送り出せています。

子育て中、家事は分担してほしいけど「パートナーが手伝ってくれない」、「子どもはいつも手がかかる」とイライラモードにスイッチオン。なんてことはよくある話。

ただでさえ忙しいのに、子どもに家事をやらせるなんて手間取りそうだし、教えるゆとりなんかない!!!

気持ちはよくわかります。私も最初からできたわけではないから。

でもね、最初の数回は少し手間取ったとしても、子どもと一緒にやることでこんなメリットがあります。

掃除洗濯に関して
・片づけられる子になる
・汚さないように気をつけるようになる

食に関して
・食が身近になり好き嫌いが減る
・料理ができるようになる

日常生活で
・大人がしている家事(掃除洗濯料理)の必要性を理解する
・ものごとには時間が必要なことを理解する 
・時間を考えて行動できる
・効率を考えて行動できる など

メリットは理解しても、親がストレスを抱えながら一緒にやり続けるのは不可能です。

では、ストレスを少なく、どうすればそれができるか?

 答えは

家事に興味を持つ幼少期に、「子育て」と「家事」の時間を分けずに一緒にやる

          『子育て』+『家事』=こそかじ

それをしてきた結果、4人の子どもたちは小学生で全員、最低限の家事全般(料理掃除洗濯)ができ、料理では魚も捌けます。

成長に伴い、喜んで家事をやることは減りますが、「やらない」のと「やれない」のは雲泥の差。必要な時にはサラッとやってくれます。

いろんな体験をすることで、子どもたちにはいつの間にか、ノウハウはもちろんのこと、「考える力」「工夫する力」「行動する力」が身につきます。

●親は 楽に

●子は 伸び伸びと

すべてはやり方次第。こそかじは、子育てをしながら家事も親子で一緒に楽しむ方法を提案します。子育てに纏わるイライラや不安、戸惑いを一緒に解決しませんか。